《発行元》発電マン・ベリーズ(株) 事務局TEL 054-273-2828

発電マンニュース

太陽光発電の会社がなぜ農業を始めたのか?

今回はその理由についてお話ししたいと思います。
話は私が太陽光発電を始めるきっかけになった約20年前1995年までさかのぼります。当時生まれたばかりの娘はアトピー性皮膚炎に悩まされ、毎晩痒さで眠ることができず、医者から民間療法まであらゆる治療を試みては日々苦悶していた時期でした。その頃、アトピーの原因の一つとされる化学物質や食物添加物などが一部で大変問題になっていました。それらについて勉強するうちに環境問題について真剣に考えるようになり、ちょうどそのころ実用化されつつあった太陽光発電のことを知ったのです。

岩堀邸発電所

岩堀邸発電所

当時、娘は強度の食物アレルギーでした。食べ物には本当に気を遣いました。できるだけ安全な食べ物を与えたいという思いから野菜などもできるだけ無農薬のものを探すようにしていましたが、その頃はまだほとんど市場に出回ることはなく、インターネットなどもない時代で、知人を通じて九州などから取り寄せたりしていました。取り寄せた野菜はスーパーに並ぶきれいな野菜と比べると形も不揃い、時には虫食いの後もあったりしました。
無農薬野菜
しかしおいしくて味も濃く何よりも安心して食べることができたのです。「なぜ農薬や化学肥料など使わない、安心して食べられる食べ物がないのだろう。」食物や農業に対する素朴な疑問・関心はずっとあったのですが、太陽光発電の仕事が忙しくなる中、すっかり忘れていました。(ちなみに娘は現在20歳を過ぎ食物アレルギーもかなり改善しました)それを思い出させてくれたのがソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)です。弊社は3年前からソーラーシェアリングを手掛けていますが、これをきっかけに多くの農家の方と接するようになりました。農業の実態も分かってきました。そして化学肥料や農薬を過剰に使用することが是とされる業界の仕組みも分かってたのです。そこへ、農業をやらざるを得ない状況がめぐってきました。ソーラーシェアリングは農地で太陽光発電を行うのですが、法律上パネルの下では必ず農業をやっていなければなりません。もし、営農をやめてしまうと設備そのものを撤去しなければならなくなるのです。「太陽光発電はやりたいが農業はやりたくない、農業をやってくれる人を探してもらえないか?」そんな依頼が舞い込んだのです。いろんな農家に声を掛けましたが、もともと農業は儲かるものではありません。しかも労働はきついです。誰もやりたがりません。「誰もやらないなら自分がやるしかないか・・・」もちろん素人の私が農業をはじめておいそれとうまくいくはずはありません。ここでもひとつの出会いがありました。「玄米アミノ酸微生物農法」です。

アミノ酸もみ殻米ぬかぼかし 完成前

アミノ酸もみ殻米ぬかぼかし 完成前
温度は65度もあります。

「もみ殻」や「米ぬか」にアミノ酸をまぜ、特別に発酵させたいわゆる「ボカシ」(肥料)をつくり、それを土に混ぜることで土そのものの活力を高める有機農法のひとつです。これなら、昔必死な思いで探した「安心して子供に食べさせられる野菜」が自分でつくれるかもしれない。そう思ったら農業という新たなチャレンジへの決断にそう時間はかかりませんでした。

ひと月たてば ぼかしが完成です。

ひと月たてば ぼかしが完成です。


折しも日本の農業は大きな転換期にあります。農家の超高齢化、減反の廃止、TPP(これはトランプ大統領の登場で迷走していますが)、農協の解体などなど、これから未曽有の変革が農業界を襲うでしょう。弊社は変化が大好きです。これまでも太陽光発電の普及を通してエネルギーの変革をリードしてきました。今後は農業の分野でも「安心して食べられる食の提供」というコンセプトで新しい農業を構築したいと、今からワクワクする思いです。

代表取締役 岩堀良弘

『太陽光バカ』17年!

焼津市岡当目、自社ソーラーシェアリング『ソラグリ1号』、ようやく完成致しました。
雨が降るとぬかるむ土壌の関係で、なかなか工事が進められず、施工に多少時間がかかりましたが
2016年11月11日 いよいよ連系運転開始!!発電と同時に売電も始まりました。 
パネル回転式の発電マン・ベリーズ オリジナル 営農型太陽光発電「ソラカルシステム」
今回の「ソラグリ1号」ではパネル全体を大きく2分割にしました。そして各面のパネル角度を変えることで発電量の違いを比較しながら、最大発電量を得る最も適したパネル角度に調整していきます。
発電マン・ベリーズのソラカルシステムが、一般的にパネルの角度を固定設置する従来の野立ての太陽光発電所と比較すると発電量が大きい理由は、この「パネル角度調整機能付き発電システム」にあるのです!

連系時の様子

連系時の様子

完成!!

完成!!

大切なお知らせ

太陽光発電システム設置後10年以上経過のお客様!
近頃、パワコンデショナが停止するお客様が大変増えてきております。
パワコンが止まって1か月後に気が付いたというお客様も、、、。
設置後10年から15年経過したお客様、晴天時のモニターのチェックをお願い致します! 
せっかく売れる電気。大切にしましょう!

一家に一台「家電職人」

忙しいお客様にとってお役に立てるのが「家電職人」です。

そこで今回は、特に多い家電職人へのお問い合わせベスト5をご案内したいと思います。

第1位・・蛍光灯・電球の交換 ~ 自分では出来ない方がたくさんいらっしゃいます
第2位・・照明器具取替(LED化) ~ 省エネで蛍光灯を交換する手間もなくなります
第3位・・テレビ.レコーダー配線 ~ お掃除したらテレビが映らない(泣)なんてことも
★第4位・・換気扇の交換 ~ 油汚れ嫌ですよね。フィルター付きにすればお手入れ楽ちん
★第5位・・暖房機器の配達 ~ ストーブやファンヒーター、加湿器などお届けします!


いかがですか?皆様のお宅でもこんなことありませんか???

中には「実家の両親から蛍光灯の交換とストーブを買ってきてと頼まれたけど忙しくてなかなか行けなくて。。。」なんて方もいらっしゃいます。そんな時こそ家電職人の出番です。代わって家電職人がストーブの配達をし蛍光灯も交換しちゃいます。

もちろん年末以外も家電職人はお役に立てます。エアコンの販売・工事、扇風機のお届け、テレビ・冷蔵庫・洗濯機等の大物家電の販売・修理も行います。「ネットや量販店で買ったけど取付けだけして欲しい」・・・こちらもお任せください(*^^)v。とにかく困ったときはまず家電職人へ❣

そしてついに?!12月中旬からホームページ「家電職人.com」がスタートしました♪ぜひ覗いて見て下さい(^o^)/

★家電担当者の一押し家電★
 買ったけど使わなくなってしまう。
そんな家電あったりしますよね。
その理由の一つが面倒な手入れ。
このスチーム式加湿器はポットと同じ構造。
だからタンク内にカルキがついてもクエン酸洗浄~
これだけでいいんです。
 暖房時の乾燥対策にはこの一台!!!

<<発電マンの事務所でも大活躍象印魔法瓶のスチーム式加湿器>>
象印魔法瓶のスチーム式加湿器

発電マン アグリニュース

発電マンが「芋作り」に挑戦!その①
蒲原の畑で「自然薯作り」にチャレンジ!

自然薯 豆知識
自然薯の正式名称は「ヤマノイモ科ヤマノイモ」と呼び、その別名が「自然薯」です。
スーパーなどでお馴染みの長芋、大和芋、イチョウ芋などをまとめて「ヤマイモ」と呼びますが、これらは中世頃に中国から伝来したもので、「ヤマノイモ」とは違います。
つまり「ヤマノイモ=自然薯」とは日本原産の野生種であり、いわば「ヤマイモ界の血統書付き超エリート芋&スーパースター芋」なんです!
春・・桜が満開になった10日後あたりに、かねて準備した高畝にウイルスフリーの種芋を植え付けると・・

夏にはご覧の通り蔓に葉が繁ります。

夏にはご覧の通り蔓に葉が繁ります。

秋になると蔓には「むかご」がたくさん付きました。

秋になると蔓には「むかご」
がたくさん付きました。

みごとな自然薯が育ちました!!

長さは1m超え!

長さは1m超え!

粘り気はさすが!自然薯

粘り気はさすが!自然薯

もうひとつ アグリニュース

発電マンのお芋作り  その②

        「さつま芋作り」にも挑戦だ!

「しばれるねえ・・ちゃっぷいねえ・・!」
そんな冬の季節に欠かせないのがホクホクの「焼き芋」ですね。
ホクホクの「焼き芋」
六月の半ば過ぎに蒲原としずはたの畑に「紅あずま」と「紅はるか」そして「安納芋」という3種類のさつま芋を植えました。しばらくすると・・・葉っぱがこんなに!
3種類のさつま芋を植えました。しばらくすると・・・葉っぱがこんなに!
ということで発電マン・ベリーズが愛情たっぷりで作った無農薬の安心・おいしい「自然薯」と
「さつま芋」をご希望の方に販売致します。(発電マンまで取りに来れる方のみ限定)

「発電農園(ふぁーむ)こだわり自然薯」
長さ 1m~1m20㎝  重量400g以上~1本 ¥1.500(税込)
「さつま芋」紅はるか 紅あずま 安納芋のミックスセット
 
ひと袋6本入り ¥1.000(税込)
ご希望の方はお電話、ファックス、メール等でお申し込み下さい。
TEL : 054-273-2828
FAX : 054-205-2922
MAIL : info@hatsudenman.co.jp
先着30名様までとさせて頂きます m(_ _)m

発電マンが「発電マン・ベリーズ株式会社」になってから始めたこと?
それは「こだわりの安心おいしい!無農薬野菜」の無人販売です。
「こだわりの安心おいしい!無農薬野菜」の無人販売
上の写真は弊社1Fにある㈱BOOK OFF様の入口にある発電農園無人販売コーナーです。
このスペースで主に清水区蒲原の畑で栽培した各種「無農薬野菜」を販売しています。

昨年はこんな野菜が人気でした!

昨年はこんな野菜が人気でした!

もうお馴染み、上段左上からかぼちゃ、ニンジン、ズッキーニ、落花生、とうもろこし、トマト。
枝豆、なす、きゅうり・・etc  特に中長なすの「千両2号」 中玉トマトの「レッド・オレ
フルティカ」等は大人気。高級落花生の代名詞「千葉半立ち落花生」も良く売れました。
真っ白な北海道産とうもろこし「ピュアホワイト」は来年数を増やして栽培する予定。

 

「すべて無農薬・・だから安心・おいしい」 これが発電農園の「こだわり」です。

Q&A お客様からのご質問にお答え致します!!

余剰買い取り制度10年後の買取価格について、どうなるのか?情報がほしいです。との、富士市K様からのご質問です。
皆さんも気になっているところではないでしょうか?
現時点では、余剰買取制度10年後の買い取り価格は決まっていません。
0円にはなりませんが、おそらく皆様の現在の売電価格よりも下がる
方向だと思われますが、電力自由化により各電力会社やまたその他の企業が買い取り価格を決定し、電気を売る側の皆様がより条件の良い企業をチョイスして頂ければ良いと思います。

最新の情報が入り次第、また発電マンニュースでお知らせしますね!!!

編集長  髙倉すすむ の 編集後記

前号より3か月経過!! あっという間でした。
社長、スタッフみんなの力があってこその発電マンニュース!!
今回もわが社の情報が満載のニュースになりました!(笑)
そして各部署では新しい事が...
農業では
事務所の下(ブックオフさんの入口)では、収穫した無農薬野菜を販売したり
太陽光では
自社のソーラーシェアリングが可動したり
家電では
ホームページが立ち上がったり?!( 年内中には...   家電職人.com で検索!!)
益々 これからも盛り上がっていく発電マンベリーズ!!

また、太陽光のアンケートご回答下さった皆様ありがとうございました。

これからも応援よろしくお願い致します。