発電マンのよくある質問

余剰買い取り制度10年後の買取価格について、どうなるのか?情報がほしいです。との、富士市K様からのご質問です。
皆さんも気になっているところではないでしょうか?現時点では、余剰買取制度10年後の買い取り価格は決まっていません。0円にはなりませんが、おそらく皆様の現在の売電価格よりも下がる方向だと思われますが、電力自由化により各電力会社やまたその他の企業が買い取り価格を決定し、電気を売る側の皆様がより条件の良い企業をチョイスして頂ければ良いと思います。
8万円でソーラーパネルをつけるサービスがあるようですが、どうなんですか?
最近太陽光発電に関する様々なサービスが出てきています。今年になって「8万円で設置できる」というサービスを始めたところもあり、私も非常に注目しています。大きな投資をせずに気軽に太陽光発電を設置できるという意味で非常におもしろいサービスだと思いますし、いろいろなサービスが出てきて様々なニーズにこたえることは太陽光発電の普及にとって大変いいことだと思いますのでどんどん新しいサービスがでてきてほしいものです。

[wpex more=”▼・・・続きを読む” less=”閉じる・・・▲”]

ただし、導入を検討する際にはサービスの内容を十分吟味して、その本質を理解する必要はあるでしょうね。特に太陽光発電は一般の人にはその仕組みがすぐに呑み込めないため、投資額が少ないからと言って仕組みを充分理解しないまま気軽に設置してしまうのは考え物です。

設置してしまったあとから「こんなはずじゃなかった」などと言っても後の祭りだからです。つけてしまったものは後から簡単に解約・取り外しというわけにはいきませんので。

【8万円ソーラーサービスの本質とは?】

では「8万円ソーラーサービス」の本質とはなんでしょうか?

じつは簡単な話で「太陽光発電の本来の価値を投資額に応じて受け取る」ということです。

太陽光発電の本質的な価値とは何か?いうまでもなく私がいつも言っている「kWh」つまりパネルから生み出される「発電量=売電金額」です。

耳タコかもしれませんが太陽光発電は「パネル」に価値があるのではなくそれが生み出す「発電量」にこそ価値があります。「8万円ソーラー」サービスはその価値の8割を企業側が受取り、2割だけ設置者が受け取るサービスです。それは当然で企業が約8割を投資し、設置者は2割程度しか負担していないからです。

「えっ?2割も負担していない、8万円しか払ってないんだけど・・・」

と思うかもしれませんが、実際には設置した場合に国や自治体からもらえる補助金(設置者のもの)をすべて企業側が持っていきますから設置者は2割程度(自治体の補助金等が多い場合はそれ以上)の負担をしていることになるのです。

(このサービスを見たとき私は落語の「長屋の花見」を思い出してしまいました。長屋の住人がけちな大家と花見に行き、酒の代わりにお茶、卵の代わりのたくあんなどで、花見の宴会の「気分」だけ味わうという有名な古典落語です)

「所有権は設置者にある」と謳っていますので、さも太陽光発電の価値のすべてを設置者がもらえるように錯覚してしまいますが、パネルそのものには実質的な価値はありません。高額買取りしてもらえる10年間の発電量(=売電金額)が最も大きな価値でその8割を企業側がもっていく、というシステムの本質をよく理解する必要があるでしょう。

私の提唱する「発電貯金」のほとんど(あるいはすべて)を企業側が持っていくシステム(一般的に発電量のうち自家消費が4~5割、売電が5~6割)ですから、太陽光発電の楽しみは文字通り「2割以下」だと思った方がいいでしょう。

そのようなサービスだということを充分理解したうえで、それでも「お金をかけないで屋根にパネルをつけたい」という場合には大変有効なサービスだといえます。

ただ、今後は純粋な「屋根貸し」(つまり屋根を貸して賃料をもらう)ようなサービスも出てくると思いますので、それらを十分吟味したうえで導入しても遅くはないかもしれません。

また、このサービスの場合、将来、電気代が高騰した場合のリスクヘッジにはほとんどならない(まったく0ではありませんが)、ということも理解しておく必要があります[/wpex]

どれくらいの大きさのものをつければいいんですか?
よくこういう質問を受けます。発電マンの答えは「どれくらいでもいい」。
一般的には3kWぐらいつけたほうがいい、とか最近は家庭で使う電気も増えているので4kWぐらいつけたほうがいいという人もいますが、

[wpex more=”▼・・・続きを読む” less=”閉じる・・・▲”]

別にそれだけ設置しなければいけないとかメリットがないとかいうことはありません。極端な話し1.5kWでも2kWでもメリットは出ます。むしろそのほうがコストパフォーマンスがいい場合さえあります。(消費電力とのかねあいで)ただ標準的なタイプが3kWとか4kWであるに過ぎません。(全国平均は3.7kWほど)でもいくらでもいいというと人は迷ってしまいますよね。弊社の提案は通常3パターンほど提案します。もちろん屋根の大きさや形状によっても違うのですが、最大に載せたプラン、標準的なプラン、それより小さなプランです。それぞれのシミュレーションと見積もり金額、メリットなどを比較していただき、お客様に最もふさわしいプランをいっしょに見つけるようにしています。もちろんお客様の要望に沿ってさらにその中間的なプランや、「ここはこうできないの?」などといったご要望にもお応えいたします。(ただし、電気系統のルールから要望どうりできない場合もあります) [/wpex]

家の前にビルがあるんですけど・・・
もし、家の南側に大きな建物があって年中屋根が日影になるようなら設置はあきらめたほうが良いかもしれません。ただ、

[wpex more=”▼・・・続きを読む” less=”閉じる・・・▲”]

影が一部であったり、東や西に偏っていたりすれば多少避けることはできるかもしれません。また、配線の仕方によって影の影響を最小限にすることも可能な場合があります。弊社には高度な影測定のシミュレーションソフトがありますので、あきらめる前に一度ご相談下さい。[/wpex]

屋根が小さいのですが・・・
どれぐらい小さいのでしょうか。先ほども言いましたが、別に必ず3kW設置しなければダメということもありませんので、小さいなりに

[wpex more=”▼・・・続きを読む” less=”閉じる・・・▲”]

発電を楽しむ方法もあります。もちろんそれでは納得しないと言うなら、他の場所に設置を考えるか、屋根を思い切って大きくしてしまうか、(できるかできないかは現場によります)あきらめるか、です。一度ご相談いただければモジュールの選び方によって最大になるプランをご提案いたします。[/wpex]

新築でないとダメですか
なぜこういう質問が来るのかよくわからないのですが(笑)、実際に新築でないと設置できないと思っている人もあるようなのです。ぜんぜんそんなことはありません。むしろ現実には新築でつける人の方

[wpex more=”▼・・・続きを読む” less=”閉じる・・・▲”]

が少ないのです。(最近は新築も増えてきましたが)新築の時というのは皆さん家にお金がかかってしまい、なかなか太陽光発電システムまで費用が回せないというケースも非常に多いです。そこで新築後、数年から10年程度のところ、月々の支払いのパターンも見えてきてローンの支払いの目途も立ってきた頃に太陽光発電を設置するというパターンが多いです。ただ、もしこれから新築する人で将来太陽光発電システムを考えたいという方は予めご相談いただけるとありがたいです。

将来設置するときのために予め屋根の形状など「太陽光発電仕様」にしておくのです。そうすることによって、最大の効率を引き出すことが可能になりますから。ただ、ここ数年が太陽光発電の補助金が厚めに出ますのでそのあたりのタイミングはよくよく考える必要があります。将来は消費税が増える可能性もありますしね・・・ [/wpex]

北側には付けられませんか
もちろん設置そのものはできますが、費用対効果が悪くなるのです。通常南面に設置した場合を100とすると60%~65%ぐらいしか

[wpex more=”▼・・・続きを読む” less=”閉じる・・・▲”]

発電しないと言われています。それでも南側と同じだけの設置費用はかかるわけですから、割が悪いのです。ただ例えば勾配がゆるい場合(5度とか10度とか)夏場の発電量は南側とさほど変わらなくなりますから、その影響度は少なくなってきます。ですので一概に北側はダメともいい切れません。また、固定価格買取制度(FIT)などが導入されてきた場合、状況によっては北側設置でもメリットが出る可能性はあります。[/wpex]

屋根一体型の方が安くできそうに思うのですが・・・
多くの方が屋根一体型なら、瓦などの屋根材を葺かなくて済む分安くできるのではないかと考えるようです。ところが現実はそうではありません。

[wpex more=”▼・・・続きを読む” less=”閉じる・・・▲”]

というのは、まず瓦などの屋根材自体はもともと大変安く、その分を節約してもたいした金額にならないこと。もう一つは逆に一体型にした場合、太陽電池モジュールそのものに防火の機能がなければ建築基準に通らないため、屋根一体型太陽電池モジュールに使用するガラスが非常に高価になり、屋根置き型よりもモジュールの値段が跳ね上がってしまうのです。屋根置き方の場合は、屋根材が防火の役目をしてくれるので太陽電池にその機能は必要ないのです。だから値段を安くしたいのなら「屋根一体型」よりもむしろ「屋根置き型」のほうを選ぶべきです。さらに、屋根一体型の場合、もし万一モジュールに不具合などが発生した場合、メンテナンスのためにモジュールをはずすと屋根が「はだか」になってしまいます。ですからメンテナンスも非常に難しくなります。値段が高くなっても、メンテナンスができなくてもいいから、とにかく屋根との美観が第一と考えるなら屋根一体型もあり、ですがそうでなければ屋根置き型を選ぶほうが無難だと言えます。[/wpex]

業者によって言うことが違うのですが・・
太陽光発電システムの流通にはメーカーごとに特約店制度(FC店、代理店など呼び名は違いますが)があります。あるメーカーの特約店になると基本的にそのメーカーの情報しか入ってきません。またその業者は

[wpex more=”▼・・・続きを読む” less=”閉じる・・・▲”]

そのメーカーを原則売っていかなければならないので、当然自社取り扱いのメーカーを勧める事になります。そのときに自社のメーカーの欠点は言わず他者の欠点を指摘することが多く、結果として「業者によって言うことが違う」ということが起こってきます。また、例えばよく電力会社に問い合わせる方がありますが(電気のことだからでしょうが・・・)電力会社では「オール電化」はすすめますが「太陽光発電システム」はすすめません。また、「太陽光発電システム」の知識も基本的にもっていません。少し考えればわかることですが、「オール電化」は電力会社にメリットがありますが、「太陽光発電システム」は電力会社にメリットがないのです。残念ながら、一般的には多くの会社は「お客さんにメリットがあるかどうか」ではなく、自社にメリットがあるかないかでセールスするのが現実です。[/wpex]

どうして発電マンでは複数メーカーを扱うのですか?
弊社も昔は1社のみの扱いでした。ですので、自社の扱いメーカーが一番、と説明をしていました。ところが

[wpex more=”▼・・・続きを読む” less=”閉じる・・・▲”]

他のメーカーの業者と情報の交換をするようになって、様々なメーカーの良いところ悪いところを知るようになると1社だけでお客様に提案するのは不十分と言うことに気がつきました。それから、お客様の屋根に合わせて、またご要望に合わせてメーカーやパネルを選ぶようになったのです。実際客様の屋根の形状や面積に寸法によって最大に設置できるモジュールは違います。さらに美観を大切にする人、予算が第一の人、最初からこのメーカーと決めている人など、お客様によって様々です。お客様も例えばテレビでも冷蔵庫でもいろいろなメーカーを比べてみたいですよね。太陽光発電システムも初期の頃はメーカーを選ぶなどと言うことはありませんでしたが、これからはメーカーを選び業者も選ぶと言う時代だと思います。お客様の立場に立てばそのほうがいいと考えているのです。[/wpex]

最近、ヤマダ電機やヨドバシカメラなど大手量販店でも売っていますが、そちらの方が安いのでしょうか?
最近こういったストレートな質問がたまに入るんですよね(笑)安いかどうか、私も調べたことがないのでわかりません。私も電気店の端くれですし、実は私の家電部門のコスモスベリーズはヤマダ電機のグループでもありますので、まったく他人ではないですし(笑)事情もある程度わかっているのですが

[wpex more=”▼・・・続きを読む” less=”閉じる・・・▲”]

正直な話し、大手家電店で太陽光発電システムを本格的に取り扱うのは、相当大変です。(現在ではちょっとムリではないかな)

というのも、太陽電池はメーカーが家電メーカーなので、つい電化製品と同じように考えがちなのですが(私も始めた頃は簡単に考えていた)、じつは本質的にまったく違います。なにが違うかと言うと、家電品はメーカー出荷段階で完成品となっていてコンセントにさせば使えます。太陽光発電システムはメーカーから出てくる時はモジュールと言う形のパーツに過ぎず、そのままではまったく役に立ちません。

現場の屋根に合わせて職人が組み立て加工して初めて完成品になる、のです。また屋根の形状や構造も千差万別ですから、プランニングが非常に重要です。屋根の状態を判断して、適したプランニングをするというのは単に太陽電池の知識だけでなく、家の構造や屋根の種類に対する総合的な建築知識、電気の総合的な知識、熟練した工事の経験など総合的な能力が要求されるのです。エアコンやエコキュートのように配管でつなぐだけの工事とは本質的に違います。屋根という家にとって最も大事な部分に加工を施すのですから相当慎重な配慮が必要なのです。

ただ、家電の経営者は屋根に工事をするという恐ろしさを本質的にわかっていないから怖いです。以前、ある量販店ではエアコン工事の人間に片手間で太陽光発電の工事をさせていました。あとあと問題が発生しなければいいけれど・・・と他人事ながら心配してしまいました。

結局、大手量販店ができるのは、ある程度簡単な見積りを出すぐらいまでで、あとは外部の専門業者に丸投げすることになります。大手量販店が中間マージンを取って業者に丸投げして、それでももし安いとしたら・・・あとはご想像にお任せします。

余談ですが、ちなみに国内太陽電池のメーカーさんは上記のような諸々の理由により大手量販店があまり好きではないらしく、積極的に取引はしていません。ヤマダ電機も苦肉の策で中国のサンテック・パワー製太陽電池を主に取り扱っているのです。

私は太陽光発電の普及のためには大手量販店でも扱っていかなければならないと考えていますが、そのためには今までの家電の販売員程度の知識ではなく、本格的なシステム・インテグレータ(私たちのいうPVプランナー:プランニングのできる人)を養成する必要があるのではないでしょうか。

それらを内制化した上で、なおかつ安く提供できればお客様にも喜ばれると思います。
[/wpex]

電マンでは海外メーカーのものは扱わないのですか?それはなぜですか?
最近海外メーカーのパネルが日本でも数多く出回っているようです。国内メーカーのものより安くて、保証も20年間ついているという話で関心が高まっているようです。発電マンでも扱わないのですか?という話をよくいただきます。

[wpex more=”▼・・・続きを読む” less=”閉じる・・・▲”]

最近海外メーカーのパネルが日本でも数多く出回っているようです。国内メーカーのものより安くて、保証も20年間ついているという話で関心が高まっているようです。発電マンでも扱わないのですか?という話をよくいただきます。

海外メーカーのものは弊社にもよく売り込みがあり話だけは聞くようにしていますが今のところ弊社では扱っていません。なぜかというと、

やはりアフターの面で不安があるからです。

たしかに欧米も不景気のため一時のように売れず在庫もダブつき気味のようです。そういったとき日本では補助金が復活し、メーカーから見るとおいしい市場に見えるのでしょう。数多くの海外メーカーモジュールが参入しブームのようにさえなっています。そしてそれら海外メーカーのほとんどが「20年保証」をうたっています。お客様から見ると一見国内メーカーよりもお得に感じる方もあるでしょう。ただ、安易に飛びつくことは大変危険だと弊社では考えております。

というのも海外メーカーが本気でアフターメンテナンスをしようと考えているとは思えないからです。海外メーカーがうたう「20年保証」は20年間の発電保証にすぎません。つまり20年後に定格発電量(公称最大出力)の80%を保証するというものです。(ちなみに日本のメーカーも海外では20年保証を当然しています。というかそうしないと売ることができないのです)

しかし、私の記事でも指摘しているように太陽光発電の発電量は刻一刻と変化しています。その発電量は一体だれが測定するのでしょうか?正確な発電能力を測定しようと思えば高額の測定機器が必要になります。海外メーカーがそれをやってくれるのでしょうか。(海外メーカーはそんなにお人よしではないでしょう)

測定の結果、もしパネル不良ではないことが判明すればその測定費用はお客様の負担になります。そんなリスクを冒してまでお客様が測定などできないでしょう。ましてや20年後そのメーカーが国内に拠点を持っていればまだそこに文句を言えばいいかもしれませんが、そのころに海外メーカーが日本国内に拠点を持っている保証などどこにもありません。飛行機に乗っていくわけにもいきません。メールでクレームを出してどこまで聞いてくれるでしょう。様々な長期に渡るリスクを考えたとき国内で販売するものは国内メーカー品しか怖くて扱えないのです。(もちろん単なる杞憂で終わればそれに越したことはありませんが・・・)

極端な話、「20年保証」が単なる空手形になる可能性もあるのです。

もちろん日本メーカーの10年保証も放っておけば「空手形」になる可能性はあります。

(その理由はこちら⇒)

ちなみに海外でも日本のメーカーのモジュールは高性能として評価が高く、人気があります。弊社としては国内メーカーのものを安心して使っていただくことがお客様のためにもまた国内経済の振興のためにもいいと信じ、今のところは日本メーカーに限って販売をしています。

日本製品も海外では20年保証をしているのになぜ国内で20年保証をしないのかという話はまた別の機会に。 [/wpex]

お電話はこちらTEL.054-273-2828
受付時間 9:00-18:00 [定休日:水曜日]