営農型太陽光発電システム設置事例 掛川市

連系日(設置年月日)平成27年4月22日
監視装置エコ めがね
モジュールメーカーJソーラー
モジュール型番SV6S27A(112W)
結晶種類   単結晶
枚数432 枚

システム出力48.38Kw
用地タイプソーラーシェアリング(農地)
配電方式単相3線式100V/200V
設置方位及び傾斜角等南南東  可変式(0°~50°)
買い取り価格32円(税抜)  20年間

営農型太陽光発電システム設置事例 掛川市

静岡県掛川市 太陽光発電システム設置事例

静岡県掛川市 太陽光発電システム設置事例

太陽光発電を設置したM様より

  1. 設置されたきっかけは?
    祖父、父から田んぼを受け継いだのですが、水稲だけでは毎年赤字で何か良い方法がないか模索しておりました。
     そんな折、「FITの施行」と「ソーラーシェアリング」という新しい仕組みにより土地を有効に使えるのではないかと考え、自宅屋根に設置していた、ソーラーパネル発電量の記録を分析してシュミレーションをしたところ、チャレンジしてみたい気持ちになり設置に至りました。
  2. 当社を選ばれた理由は?
    今回、ソーラーシェアリングを行うに際して重要視した点は「信頼できる人に設置してもらいたかった」ということに尽きます。 他6社:10名ほどの営業さんと話をしてみましたが、岩堀社長の人柄や太陽光発電を取り巻く総体的な知識の豊富さに魅力を感じて発電マンを選定しました。また、設置後のサポート面でも他社より安心できたことも理由の一つです。
  3. 外観についてはいかがでしょうか?
    設備設置場所が、田んぼが一面に広がる稲面(とうもん)の一角に金属製のパイプとソーラーパネルがあるので、ちょっと目立ってますね(笑) そのためか見ず知らずの方がちょこちょこと来るのですが、発電設備下部で耕作する水稲の出来も合わせて見られるので、耕作に気が
    抜けません。私としては、それが程良い刺激になっています。
  4. 設置されて良かった点 悪かった点は?
    →良かった点
     ・農業の赤字を発電設備の売電金額で補填できたこと
     ・農業に使用する機械や農具の購入に際して、価格重視ではなくより良い物の購入ができるようになったこと
     ・農作業時、多少の日影ができるので作業がしやすい
     ・今まで以上に農業に対して前向きに取り組めるようになったこと

    →悪かった点
     ・今のところ「悪かった点」は特に見つからないですが、強いて挙げるなら農業機械の作業中、柱の横を通過する時は気を遣うことくらいです。発電設備下部の作業は、その他の土地の作業に比べて若干の作業工数がかかります我が家的には許容範囲内なので、まったく問題にはなってません。

  5. その他 ご感想をお願い致します。
    社長をはじめ、スタッフの皆様、お世話になっております。設備建設に際しては当方の細かな要望にもご対応をいただきましてありがとうございました。
    ソーラーシェアリング2年目の稲も順調に成長してきており、あと3週間もしたら収穫期を迎えます。今はただただ台風の直撃を受けないことを祈るばかりです(笑)ソーラーシェアリングは単管パイプで組まれただけの簡易的な架台のため、台風や風の強い時には飛ばされてしまわないかと不安になりましたが、昨年の台風では意外と平気でした。ソラカルシステムの採用により、風の強い日にはパネル角度を水平にする事ができ風の影響を最小限に抑えられることは、野立て型発電設備にはできない芸風で優るとも劣らないと感じています。また、遠隔監視システムを利用したことで時間単位の発電量が確認できるのはとてもありがたいです。 仕事の合間にチラッ、食後にチラッとチェックしています。当発電所はFIT適用期間終了後も継続して運営していきたいと考えておりますのでどうぞ末永く宜しくお願い致します。