太陽光発電システムを設置した静岡県浜松市 F様

メーカーシャープ
連系日   平成16年7月
出力4.95kW

太陽光発電システムを設置した静岡県浜松市 F様の感想文
静岡県浜松市 F様

私が住む町のある団体が「水と緑と太陽の町」というキャッチフレーズを使っているのを聞いた事があります。昔と比べて海や川の水は汚れてきたり、緑は少なくなっていると感じます、それに比べ太陽は以前と変わらず降り注いでいると思います。そんな町で暮らし長くサラリーマン生活を送りましたが、50才の時に会社都合で退職しました。その数年位前から太陽光発電ができる事を知り、興味を抱いていましたが設置費用が高額な為あきらめていました。設置したのは、それから2年後の夏です。
私の父は半身不随で長く家で療養していて、暑さ寒さに敏感で夏でも電気ストーブを手離せなく多くの電気を必要としていました。そんな父が生涯をかけて2軒家を建てましたが、築20数年の現在の住居は南向きで日当たりが良く設置に適していると判断しました。相談したら「重いものを載せて屋根が傷むじゃないか?」と言われましたが「家で電気を作ればテレビやストーブ、マッサージ機など電気代を気にせずに使えるよ・・・」と言って納得してもらいました。私自身は定年前と会社を辞めたことで、今後の人生何かできる事はないか模索していました。地球温暖化という言葉をメディアを通してよく知らされた頃で、自分でも少し無理をすれば自然エネルギーを導入できると思いました。
太陽光発電の良いところは、晴れた日はもちろん少しの雨の日でも発電し、物音ひとつ立てずに文句も言わずひたすら働き続けてくれるところです。自分がそこにいなくてもどこにいても関係なく全くと言っていい程、世話のかからない働き者です。環境に貢献しているという思いはありません。エコノミーを考えて導入し、省エネなどをした結果がエコロジーにつながればと思います。
モジュールの寿命はおよそ20年位といわれており、自分の余生を考えた時、似たものを感じて共に頑張ろうという気持ちになります。