ソーラーシェアリング導入への3つの壁

ソーラーシェアリング導入の注意点
営農型発電の導入を検討する際に、初心者が経験する「3つの壁」とは?
営農型発電の導入を検討する際に、初心者が経験する「3つの壁」とは?

1つめの壁 農業委員会


農地には、農業と関係のない構築物は設置することができないという法律(農地法)があります。
太陽光発電も構築物なので、設置が許されていませんでした。

それが平成 25(2013)年4月、条件付きで設置が認められるようになり、許可をもらうためには、地元の農業委員会に申請をすることになりました。

農業委員会では慎重に検討・確認されるため、揃えなければならない書類やデータがたくさんあります。
特に太陽光発電の影響で、農作業に影響がないことを証明するために必要なデータや書類は厄介です。
ここで頓挫してしまうケースも非常に多いのです。

2つ目の壁 設計ノウハウの問題


ソーラーシェアリングの場合、パネル下でどのような作物を作ろうとするのか、ということが、太陽光システムの設計に大きく関わってきます。

作る作物は光を好む植物なのか、それともそれほど光を必要としない作物なのか、はたまたむしろ光を嫌う植物なのか、それによって遮光率が異なってきますので、それに応じたシステム構成にする必要があるのです。

また使用する農業用機械が作業しやすいように設計する必要もあります。

それらを総合的に判断したうえで架台の組み方、高さ、基礎の工法など設計していく必要があります。

また使用するパネル選びも重要です。
通常の住宅用・産業用パネルはコスト重視の為、大型のものが多いのです。

大型なので、当然重量もありますし、風圧、影の影響も大きくなるため、ソーラーシェアリング用としてはあまり適切ではありません。

通常のパネルより細長のものを選ぶなど、パネル選びにも営農計画と合わせたものを選ぶ必要があります。

このように農業と太陽光発電、場合によっては土木の知識などを総合的に考慮してシステムを設計する必要がありますが、そのような技術者が非常に少ないというのが大きな問題点です。

3つ目の壁 資金調達の問題


通常ソーラーシェアリングは 50kW 未満の低圧で電力系統に連系されることが多いのですが、50kW システムでも金額的には 1500 万円~1800 万円程の資金が必要になります。
こんな大金をポンと出せる人はそうはいませんから金融機関などからの融資を利用することになります。

現在は政府系金融機関である政策金融公庫なども貸し出しに応じていますので、それらを活用することはできるのですが、実際に貸してもらえるかはその条件により異なります。

ソーラーシェアリングの場合に問題になるのは、設置される場所が農地のため担保価値が低く、金融機関から追加の担保を求められるケースが多いということです。

結局銀行から融資が受けられず、土地はあって太陽光発電をやりたいが、融資が下りないのではじめられない、という方が非常に多いのです。

3つの壁の乗り越え方

これら3つの壁のどこから手を付ければいいのか?

これらの壁は、どれか一つでもつまずくと成立しないので、3つの課題を同時並行で進めなければなりません。

たとえば金融機関に資金調達の相談に行けば、「どのような計画ですか?」と基本設計を聞かれます。

農業委員会を通すにも「資金はあるのですか?」と聞かれます。

つまり大枠の計画をつくり、その計画をもとに金融機関や農業委員会への折衝を同時に進めていくということが必要なのです。

発電マン族では、これまでの実績から、「3つの壁」を乗り越えるための豊富なノウハウを持っていますので、安心してお任せください。どんなノウハウかは、ここでは明かせませんが、ご相談いただければ個別にお話しします。

お電話はこちらTEL.054-273-2828
受付時間 9:00-18:00 [定休日:水曜日]