投資リスクを最小化する方法
電化製品のプロフェッショナルだからこそ、
発電量が失われる前に、障害を察知。

発電マン族のルーツは家電販売店にあります。現在でも発電マングループ加盟会社には電化製品を扱う会社があります。

太陽光発電も電化製品の一種。その取り扱いには、電化製品の販売、メンテナンスのノウハウが欠かせません。発電マンは現場重視で、現場の知恵で投資をミニマム化することを心がけています。

例えば、様々な原因(ハンダ不良や鳥の糞がこびりつくなど)によりパネルの一部に電気の流れの悪い部分ができ、そこが抵抗となって熱を持つ現象を「ホットスポット」といいます。
これは最終的には焦げとなり、やがて断線、発電不良となってしまいます。「ホットスポット」は極端な場合は火災につながる危険性もあります。

発電マン族では、お客様から発電データをいただき、それを解析することで「ホットスポット」の早期発見につなげています。

これは一例ですが、発電マン族では、事故やお客様の投資リスクの発生を未然に防ぐことができるよう、常に現場を確認し、知恵を総動員してメンテナンスに注力しています。

お電話はこちらTEL.054-273-2828
受付時間 9:00-18:00 [定休日:水曜日]