ソーラーシェアリング導入スムーズな流れ

自ら農業法人を営む、発電マン族だからこそスムーズ
ソーラーシェアリング =そらぐり導入の流れ

太陽光発電と農地を組み合わせてエネルギーと食の自給を実現させるために必要な、そらぐり導入のステップは次のとおりです

STEP1 まずはお問い合わせください
お電話にて受付
メールまたはお電話、ホームページなど、お客様のご都合の良い方法でお気軽にお問い合わせください。
TEL 054-273-2828 受付時間9:00-18:00(定休日 水曜日)
メールでのお問い合わせはお問い合わせフォームからお願いいたします。
STEP2 現地調査・ヒアリング

設置をご検討される現場を見せていただき、現地の状況(方向、地形、地目等)、周辺の状況、作る作物の計画、設置規模・予算のご希望など、各種調査・ヒアリングをいたします。
現地調査・ヒアリング
ケースバイケースですが、この段階で地元の農業委員会に簡単な問い合わせをする場合があります。
そもそもソーラーシェアリングが設置できない土地の場合もあるので、疑わしい場合などは事前に農業委員会に問い合わせします。

STEP3 設計・概算のお見積り提案

現地調査・ヒアリングの情報をもとにお客様のご希望に可能な限り沿った形での設計をいたします。
ここが一番のポイントです。細かな修正を含め、お客様がご納得されるまで提案書の修正は可能です。
この段階でご納得いただける提案ができなかった場合は、契約されなくても結構です。この段階でお断りいただければ費用は一切かかりません。

STEP4 ご契約

お客様が発電マンの提案にご納得いただけましたら、契約を交わすことになります。
お支払いなどの条件等もこの時点でご相談となります。

STEP5 各種申請業務

ご契約が済みましたら、農業委員会への申請、経済産業省への設備認定申請、電力会社への申請等を行っていきます。
※なお、各申請には時間が大変かかるため、時間短縮のため、お客様のご了解のもと契約を待たずして申請を行うケースもあります。
STEP6 施工

お客様に施工スケジュールをご案内し、スケジュールに沿って工事を進めていきます。
作物を作っている場合など生育状況とのご相談をさせていただきながら、影響の少ないよう配慮いたします。

STEP7 連系・発電開始

工事が完了した後、電力会社との連系となり売電開始となります。
電力会社の状況により、完工後すぐに発電開始ができない場合もありますので予めご了承ください。

STEP8 保守・管理

施工後の保守管理もお任せください。
発電マンでは創業以来、特に設置後のメンテナンスに力を入れております。
お客様のご希望により発電量監視システムなどを導入いただければ、発電マンにてモニターリング監視、また異常発生時の駆けつけサービスなどにも対応いたします。
また、年に一回の農業委員会への報告書類作成のお手伝いもさせていただきます。

お電話はこちらTEL.054-273-2828
受付時間 9:00-18:00 [定休日:水曜日]