農地で太陽光発電が可能に!(農地でソーラー発電 2)

前回、農水省がある大きな決断をした、という話をしました。

それは具体的には次のようなものです。
「支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等についての農地転用許可制度上の取り扱いについて」というものです(長い!)

これは平成25年3月31日に発表された文書です。お役人の文書ですのでいろいろ堅苦しい言葉を使っていますが要約すれば、農地であっても農業を継続する前提であればまた農業を阻害することが無ければ太陽光発電設備の設置を原則認めようじゃないか、というものです。
しかし、あくまで農業を阻害しないことが前提ですのでそこは一定の条件があります。

【農地で太陽光発電を行うための条件】
1)支柱は発電システムを支えるためのものとして利用されること。
2)農地において生産された農作物に関する状況を年に1回報告すること。
3)営農の継続が怪しくなった場合には、迅速に改善措置をとること。
4)また改善措置を取る場合や、発電事業を廃止する場合には素早く報告すること。
5)営農が行われていない場合や発電事業を廃止する場合には、発電システムを速やかに撤去し、農地として利用することが出来る状態に回復すること。

つまり農業をきちんと続けるということを前提として太陽光発電も許そうということですから、現在問題となっているいわゆる「放棄地」で太陽光発電をやろうといっても「それはダメ!」となってしまいます。
実際に農地でやろうとなると正式な「農地転用」は不要ですが「一時転用許可」といってやはり農業委員会への申請が必要になります。

しかもこの許可は3年間の「限定」で、3年後にさらに更新する必要があります。
もし3年後の更新時に「申請却下」にでもなるとせっかく大金を投資してソーラーシステムを導入したものが水の泡になってしまいます。